乾燥肌になる本当の理由は真皮層のバランス

秋から冬になると心配になるのが乾燥。

お肌が乾燥してしまうと化粧ノリも悪くなるし、肌荒れも深刻になるし、憂鬱な気分になりますよね。

そんな時は»生コラーゲン配合のパーフェクトゲルファンデーション

乾燥肌に対しては皆さんいろいろケアをしていると思いますが、そもそも乾燥はどのようにして起こるのかご存知ですか?

乾燥は、ただ単に低湿度や低気温など外部の影響によってお肌の水分が蒸発するわけではありません。

健康な肌の場合、角質層には約30%の水分があると言われており、水分量30%を常に維持することができていれば、冬になっていくら湿度がゼロになったとしてもお肌は乾燥することはないのです。

しかし、皆さんが乾燥を感じてしまう理由は何なのか…。

それは、コラーゲンをメインとした真皮層のバランスを崩し、角質層の保湿成分が減ってしまっているからなのです。

保湿成分が減ってしまうと、お肌のバリア機能は崩壊してしまい、外からの刺激に敏感になるため、思わぬ肌トラブルを起こしてしまうのです。

生理前でもないのにニキビができてしまった、今まで気にならなった小さなシワが深くなった、などお肌に変化を感じたら乾燥肌が深刻になっているサイン。

そのまま放置しておくと、お肌を外的刺激から守るために皮膚は分厚くなってゴワゴワになってしまいます。

見た目が悪くなるだけでなく、分厚くなったお肌はどんなスキンケア商品を使っても浸透せず、どんどん肌荒れは深刻になることに…。

早めの乾燥肌対策が必要です。

乾燥肌対策として使ってほしいのが生コラーゲン。

生コラーゲンは今もっとも注目されている美容成分です。

Proudly powered by WordPress
Theme: Esquire by Matthew Buchanan.